花守の日々

国内イベント

いけばな池坊巡回講座 IKENOBO2018 

 

今年のテーマは“今をいける”~いけばなは遺産ではなく、生きた文化、生きているからこそ、時代の感覚を反映し、進化し続けている~

 

草や木を命あるものとして、“いける”ことで、成長している草木の美しさを映し出すこと。

花をいけているときは孤独を感じない。花の純真な姿に心を奪われているから。そしてとり合わせた花が作品の中で共鳴しあうと、今度はそこに不思議な魅力ある美しい世界が広がっていく。

 

これからも、花と共に生きていきたい。

 

(ウラジオストク市内ショッピングセンターにて)

 

 



ページの先頭へ戻る