花守の日々

稽古

高温、風、夏を表現する

日中の最高気温、39.9℃。

今まで経験したことのない暑さ。

私たちの心身を優しく包んでくれる自然も

猛暑をもたらし、時折訪れる台風も

 

これも自然の一つの姿。

 

この暑さ、強風の中で変化する植物の性情を表現している姿は何か、と考え、今年の夏、温室ハウスでなく、初めて屋外で成育する芭蕉を見たことを思い出しました。

芭蕉は池坊では「葉王」と呼ばれ、特別ないけ方が伝えられています。

吹く風にさらされ、葉が破れた自然の様を写す「風叩き」の葉は

葉を破いてさらに折ることで、強風から本株を守る健気な姿を写しています。

暑気を払う冷涼を送る、もてなしの心が込められています。

 

想像の世界で、少しでも涼やかになりますように。



ページの先頭へ戻る