花守の日々

稽古

雪囲いと雪吊り

旧日本銀行新潟支店長役宅の砂丘館へ冬囲いの実技講習会に参加しました。紅葉の美しいこの時期、新潟の風物詩です。

今年はじめの大雪は例外で、例年新潟市内はそう雪が積もることはありません。なので、雪の重みで枝折れを防ぐというより、主に冬の庭に風情を添えることために雪囲い、雪吊りが行われています。

竹とわらで、用と美をかねた先人の知恵。

特に、松には、頭飾りに梅をあしらった竹で、松竹梅を暗示します。

地域性、職人さんのセンスなど様々な姿を見ることができるそうです。



ページの先頭へ戻る