花守の日々

稽古

”立華花所望”IN村上

石草流家元による”立華花所望”

それは”室町時代の立華の再現”とのことでした。きっと池坊の初期の頃は、このような雰囲気だったのでしょう。また、”花所望”とは最後の一輪を、観客にいけてもらい作品を完成させることでした。表千家の習事八箇条の”花所望”、あるいは七事式 ”且座(サザ)”、”廻り花”ような、花を介して亭主と客が心を通わす日本の雅な遊びの要素もありました。

池坊の立花は長い時間をかけ、時代の波をうけ、現代まで進化し続けています。

いけばなが、今を生きる人々に受け入れられる花を発信できるかどうか、不断の研鑽が必要だと、心に刻んだ一日となりました。

 



ページの先頭へ戻る