花守の日々

ロシア

日本の秋 ハバロフスクにて

 9月27日から29日まで今年ハバロフスクで2回目のいけばなのワークショップを行いました。

古くから、どこの国でも”花をいける”ことが日本では、華道に昇華していること、日本独自の花の姿を見出す”いけばな”という視点をお伝えしました。参加者の感じるハバロフスクの小春日和を器の中に表現することができたでしょうか。

またお茶も美味しく飲んでいただきました。

 

 



ページの先頭へ戻る